マンション購入前に確認しておくべきポイントは?

修繕積立金の資金計画について

マンションは共同住宅なので、建物を維持管理していくのは住民全員で参加しなければなりません。そのためにも修繕積立金を全住戸から毎月徴収することになっていますが、新築マンションの場合は長期的に値上がり幅などが予定されているケースがあります。将来的に家計の負担となる修繕積立金の資金計画が無理のないように立てられているかをよく確認することが重要ですので、購入前にチェックしておきましょう。10年後に2倍に設定されるなど、極端に値上がりするものは少し注意が必要ですよ。

長期修繕計画の内容について

マンションを含む全ての建物は時間と共に必ず劣化するものです。適正なタイミングで適切な修繕を行うことで、建物としての資産価値を維持することが重要となります。マンションには長期修繕計画という修繕のタイミングや大よその工事費などを計画していることが望ましく、マンションを購入する際には、このような長期修繕計画がきっちりと立てられていることが、良い物件であることの一つの要素となります。不動産担当者に修繕計画の有無を聞いて、必要な場合は専門家に内容をチェックしてもらうのも有効ですよ。

管理会社の管理品質について

マンションの価値は、立地条件に大きく左右される部分が大きいですが、建物の維持管理や周辺環境の管理品質に関しても、立地条件と同じくらい重要な要素となっています。杜撰な管理がなされている物件は、外観もみすぼらしく、共用部やごみ置き場などは荒れ放題になっているケースがありますので、そのようなマンションには管理費や修繕積立金などの徴収状況も悪い場合が多くなっています。マンションを購入する前には、管理体制や状況を十分に確認することがポイントになりますよ。

新築マンションのモデルルームには、高級仕様の内装が施されており、オプション金額が必要な内容が含まれています。

You Might Also Like