知っておきたい!一人暮らしの家賃を決める方法

家賃が「月収の3分の1」ではキツイ場合もある?

部屋探しをするときは、まず家賃をいくらぐらいに設定するかを決める必要があります。そこでよく言われるのが、家賃は「月収の3分の1」を目安にするとよいというもので、無理なく家賃が支払える目安として知られています。しかし月収が少ない場合などは、3分の1が家賃に取られてしまうと、それ以外の生活費が足りなくなってしまう場合もあるでしょう。なので3分の1はあくまでも目安として捉え、実際には自分の収入状況や、お金を使う優先順位などを考慮した家賃の設定が重要だと言えます。

家賃以外の生活費を計算しよう

家賃を設定するためには、まず家賃以外の生活費がいくら掛かるのかを計算しておく必要があります。その内訳としては、食費・光熱費・通信費などの基本的な費用のほかにも、女性の場合は化粧品代が掛かったり、また趣味を持っている人などはその費用も考慮する必要があるでしょう。一人暮らしの場合だと、家賃以外の生活費の合計は「10万円程度」が平均的だと言われており、一番多く掛かるのが食費(3万円程度)になります。また外食が多い場合は、食費も高く見積もる必要があると言えるでしょう。

家賃として支払い可能な額を計算してみよう

家賃の設定を行う基本的な計算方法は、月収から家賃以外の生活費を差し引くことです。つまり月収から逆算することで家賃として支払うことが可能な金額を設定するというもので、計算式にすると「家賃=月収-生活費」になります。例えば月収が15万円で、家賃以外の生活費が10万円というケースなら、その差額である5万円が家賃として支払い可能な額ということになります。ただし、これはあくまでも家賃の支払い可能額を計算するものなので、当然のことながらその全てを家賃に当てる必要はありませんし、節約や貯蓄のために安めの家賃を選ぶのもよいと言えるでしょう。

札幌市北区の賃貸マンションは、部屋を借りる形式となるので、引っ越したいときにいつでも引っ越すことができます。

You Might Also Like