あこがれのマイホームが現実のものに!別荘の魅力と注意点とは

そもそも別荘ってどんなものなの?

日常のせわしない都会暮らしからふと離れて、自然色豊かな地域でゆっくりと日頃の疲れを癒す場所、別荘にはそんな魅力があります。庶民にはなかなか手を出しづらい物件ではありますが、ひとたび手に入れば人生のステータスとして誇りを持てるようになります。別荘と一言で言っても地域によって様々な特色があり、どんな環境下で暮らしたいか、その目的によって住む地域も変わってきます。今回は地域ごとの特色と、別荘を持つにあたっての注意点を考察していきます。

別荘地として有名な場所を紹介!あなたはどこが好み?

別荘には、避暑地、避寒地、温泉の豊富な地域に多く建てられるという特徴があります。代表的な場所をいくつか紹介していきましょう。避暑地として有名なのが長野県の軽井沢です。夏でも空気が涼しく、緑豊かな地域に囲まれており、静養するにはうってつけのエリアとなっています。次に紹介するのは栃木県の那須です。那須高原というなだらかな丘陵地帯が広がっており、標高300mから1000mまで幅広く別荘地として利用されています。温泉が豊富なエリアもあり、場所によって気候も変わるので、よく調べた上で別荘計画を立てる必要があります。

別荘を持つ上での注意点!快適に静養するために

別荘には様々な魅力がありますが、注意点もあります。特に大きな問題は管理に関してです。療養や静養のために「たまに」訪れる場所ゆえに、長期間不在にする場合が多く、水道設備などの各種設備の老朽化が問題となってきます。また、緑豊かな中に建てるものであり、自然環境(湿度や雨風といった気象要素)による建物へのダメージも考えなければなりません。対処方法としては、別荘の管理人の方に状態をマメにチェックしてもらう他、自分でも老朽化を防ぐようなある程度のケアを別荘に施しておく必要があります。

別荘の物件の探し方は、まずはどこの地域の別荘にするかを決めることが大事です。地域が決まったら、その地域の不動産業者で探したりインターネットで検索することですぐに見つけることができます。

You Might Also Like