居抜き物件のここを活用!お得に借りるポイント

開業タイプに合わせた内装の物件を狙う

居抜き物件とは内装や設備が撤去されずに残っている物件であり、従前の賃借人が工事した内装や設備をそのまま使えるだけでなく、その分家賃も抑えられているというメリットがあります。居抜き物件を活用するためには、自分が開業したい業種に見合った居抜き物件を中心に探すことがおすすめです。事業を始めるのに内装や設備が元から付いていると、建築工事や設備工事の費用が不要となり、同じ業種ならその分費用をかける必要性が少なくなりますよね。

飲食業なら厨房設備が完備の物件を狙う

飲食業を開業する場合は厨房設備が良い状態で残されている居抜き物件がおすすめです。厨房設備は設備機器の中でも高額な部類になっており、一から新設する場合は大きなコストが発生してしまうため、飲食業の場合はなるべく厨房設備付きの物件を選ぶようにしましょう。また、提供する料理のジャンルによっては必要な厨房設備の種類も変わってくるため、具体的に料理のジャンルが決まっているのであれば必須の厨房設備の有無もチェックしておきましょう。

多少の手は加えた方が望ましい

居抜き物件を活用する場合は、なるべくコストがかからないようにすることがセオリーとなりますが、自分が要求する仕様にぴったりの物件に出会えるケースが少ない場合もありますので、ある程度の条件であれば多少の改修工事を実施することも覚悟しておきましょう。少し手を加えるだけで自分の必要なインテリアや設備機器を準備できるのであれば、開業までのスピードを重視した方が賢明です。スケルトン状態から内装や設備を設置するよりも初期費用は格段に安くなりますので、ある程度要求事項を満たしておけば即決すべきでしょう。

店舗物件とは飲食店やサロン、美容室などの店舗用途として利用できる物件で、通常の物件よりも入念な準備が必要になります。

You Might Also Like