賃貸から賃貸への引越し。どの日付けを優先すべきか

初心者かそうでないか

賃貸住宅から賃貸住宅へ引越すときには、解約日、引越し日、入居日をどうするかで、かかる費用がかなり違ってきます。初めてこうした引越しを主導しておこなう場合は、費用の節約は考えずに、無事に引越しを終えることを最優先とすべきでしょう。しかし、すでにこのパターンの経験がある場合は、二重家賃の発生を抑えたり、引越し費用を格安にしたりするノウハウがある程度あるわけですので、費用を結構抑えることが可能となります。

引越し日の日付を優先に

費用を抑えることを最優先とするなら、引越し日をまず決めることでしょう。引越し会社に依頼する場合に限った話になりますが。引越し会社を頼まない場合は、引越し日は一番後回しでもいいくらいです。引越し料金というのは、引越し日時によって実に大きく変わります。引越し会社にある程度の期間を提示して、その期間内で一番安い日時を指定してもらいます。その日時に合わせられれば、格安料金で引越しできます。日付が近いほど、割引き率は高くなりますから、その辺はジレンマですが。

引越し日と解約日を同日に

引越し日が決まったら、その日を解約日とすれば家賃の支払いを最少限に抑えることができます。近場への引越しなら、その日を入居日ともできます。引越し日と解約日と入居日の3つを同日とできれば、二重家賃は発生しません。これが一番費用を抑えられる方法でしょう。しかし、これは綱渡りとも言えるスケジュールです。荷物搬出後の掃除のできる時間が限られますし、荷物搬入も同日ですから、家族がいて手分けできる場合に限られる方法です。

札幌の賃貸マンションは、子供も大人も快適に暮らすことができる賃貸マンションとなっているので、家族で暮らしても快適に暮らせます。

You Might Also Like